スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ヴェルファイアのオルタネーター交換!故障修理代の相場は?

ブランドイメージが
良くも悪くも確立されているのが
ヴェルファイア。


この価格でこんな車作れてしまうと、
他のメーカもそりゃ、もうライバル車は
作れないんじゃないでしょうか。

走行性能とか運転自体の楽しさは、
正直いまいちなところがあるものの、
ドライブや車での旅行が大好きな自分にとっては、
同乗者も快適に乗れて目的地まで行けるのは魅力的。


運転そのものではなく、
それに付随する生活が楽しめるのが、
やはりミニバンの良いところ。

長く乗っていると、
フロントドアポケットの位置が
もう少し高めのほうが使いやすいなぁとか、
色んな不満は出てくるものですが、
乗り換えを考えるほどでもなく。


後、何年くらい乗ろうかな?と、
特に乗り換えのことは考えていなかったものの、
オルタネーター故障に見舞われることになりました。汗


この時にいろいろ自分でも調べて勉強になったので、
自分の備忘録的にブログにまとめています。



■オルタネーター故障の経緯・いきさつ・

オルタネーター故障の最初のきっかけは
バッテリー警告灯の点灯でした。

見慣れないランプを目にして、
嫌な感じがしたと思ったら、
ハンドルが徐々に重くなり、
アクセルを踏んでも加速が鈍くなり。。。


ウィーンという異音もするようになり
不安がどんどん現実化。



血の気が引く恐怖を感じたので、
予定を全てキャンセルして、
なじみの修理工場へ直行。



原因を調べてもらったところ、

オルタネーター故障

が判明した、という具合です。



■オルタネーターとは?

オルタネーターとは、
ダイナモと言われることもあるようですが、
要するに発電機のことです。


エンジンの動力を電気に変えるのが
オルタネーターの役割。

電気といえば、車にはバッテリーも搭載されていますが、
バッテリーは主にエンジン停止中の電力を供給するのが目的。


オルタネーターは、バッテリーを充電したり、
エアコンなどの電装品を動かしているだけじゃありません。


エンジンの点火プラグも電気で制御されているため、
エンジンが正常に動作するためにもオルタネーターは欠かせません。

オルタネーターによって正しく電気が供給されることで、
プラグの点火とガソリンの噴出のタイミングが一致するようになり、
エンジン内のピストンが正しく動くようになります。




■気になる交換費用は?

オルタネーターは、一昔前だと寿命は
10年・10万キロが目安になっていたものの、
最近だと性能も耐久性も良くなって、
20万キロは持つと言われています。


ただそれはあくまでも、
日々のメンテナンスを十分にしていて、
丁寧な運転をしていた場合の話。


たとえば、エアコンやオーディオを
頻繁に使っていたり、夜間走行が多かったりと、
オルタネーターに負担をかけてしまった場合、
10万キロを走る前にダメになることもあるそうです。


僕の場合、オルタネーターの中にある
ブラシという部品が摩耗してしまったことで、
正しく発電できなくなっていたことが判明。

エンジンの動力がオルタネーターに伝わっていたものの、
ブラシが動かなくなっていると、
動力を電力に変換できません。


ハンドル(ステアリング)が重くなるのも、
ステアリングは油圧だけではなくて
電気の力も使って制御しているからです。


バッテリーに蓄えられた電力で、
ある程度までは持ちこたえられるものの、
オルタネーターが発電能力を失えば、
いわゆるバッテリー上がりの状態になり、
最終的にはエンストしてしまいます。



オルタネーターは、
一部の部品だけを交換すれば良いんじゃなく、
オルタネーターを丸ごと交換(オーバーホール)
しなければいけません。



オルタネーター自体は新品だと、
5万円〜10万円くらいが相場。

中古品(リビルド品)になると
ヤフオクとかでだいたい2万円弱でも
手に入れることができます。


ただ、リビルド品だとやっぱり不安があるし、
自分で修理するなんて、想像もつきません。汗



修理の見積もりを依頼したところ、
作業工賃は1万円で済むものの、
オルタネーターの部品代が8万円となっていました。



■オルタネーター故障の怖いところ

オルタネーターを放っておいても、
自然に治ってくれるわけじゃありません。

人間と違って自然治癒力がないですから、
異常は悪化する一方です。


オルタネーターが故障したということは、
車のほかのパーツも交換が必要なケースが多いらしく、
僕の場合は

・点火プラグ
・ダストブーツ(ゴム部品)
・エンジンオイル


の交換も必要とのことで、
修理費用の総額が
【20万円】
という結果に。。。涙


これだけの大金が必要になってしまうと、
はたして、修理する価値が車に本当にあるのか?
を考えたほうが良いですね。



■車の価値を正確に把握するには?

20万円かけて修理をしてもらっても、
車の価値が20万円アップするわけではありません。


仮に車の買取価格が10万円だった場合、
20万円かけてオルタネーターなどの修理をしても、
買取価格が30万円に上がるわけではありません。


それならば、車の買取価格と
修理費用の20万円を頭金にして、
新車に乗り換えることも考えたほうが良いですよね。



そこで絶対にやっておくべきなのが、
車の価値を正確に把握することです。



正確に言うと、
自分の車をもっとも高く買い取ってくれる業者を
見つけておきましょう。


修理業者も含め、中古車買取業者によって、
車の査定結果はかなり違ってきます。


仕入れた車をどんな風に再販売するか?が、
中古車買取業者によって違うので、
買取金額も変わるらしいんです。


修理をししてまた中古車として売る以外にも、

・部品として売る
・スクラップにして鉄を売る


といったやり方で、
中古車買取業者は車をお金に換えているわけです。


自分の車を高く買い取ってくれる
中古車買取業者を見つけるには、
一括見積サイトを使うのがやっぱり便利です。


・メーカー
・車種
・年式(多少ずれていてもOK)
・走行距離(多少ずれていてもOK)


といった簡単な項目を入力するだけで良いので、
スマホから操作しても1分ほどで済みます。


自分の足で中古車買取業者を探し回るよりも、
うんと手軽に多くの査定結果を手に入れることができます。



ちなみに、僕の車の査定結果は、


安い業者では【10.5万円】


高い業者では【32.4万円】



と、なんと20万円以上も差が開きました!!



たった1分の手間を惜しんでいたら、
20万円も損をしていたかもしれないと考えると、
背筋がぞっとしますね。汗




■車を査定してもらうベストなタイミング


車はいつ査定してもらうのが良いのかというと、
早ければ早いほうが良いです。


やはり年式が古くなればなるほど
車の価値は下がってしまうし、さらに、
モデルチェンジやリコールが発表されると、
一気に値崩れを起こしてしまうからです。


こうした情報がいつどんなタイミングで
公開されるかわかりません。

明日とか明後日には突然、
発表があるかもしれません。



査定結果にはたいてい1ヶ月くらいの
保障期間が設けられているので、
値崩れを起こす前の金額で、
買い取ってもらうことができますよ。
↓↓↓
















ヴェルファイアも保険証券は大切なものです。

自動車は、一般道路にたくさん走っています。きちんとルールを守って走行していると事故は起きませんが、偶然が重なったり、運転手の体調、天候など、様々な事が重なって、自動車事故は起こってしまいます。
自動車には、必ず保険証券を携帯しておかなければなりません。万が一の事故の時、他にも、保険証券の提示を求められる事はあります。保険証券にはたくさんの情報が載っています。保険の切り替えや保険会社を変更する場合に、保険証券は必要です。保険証券には、等級保険期間、簡単な補償内容、もしもという時の保険会社への連絡先が書かれているのです。
車検証、保険証券、自動車には書類がいろいろあります。大概の書類は、運転をする際に携帯しておかなければならないものです。ですから、ファイルなどに入れて、管理をしておくことが必要です。自動車は、購入して運転をするようになってから廃車をするまで、駐車場の申請、車庫証明の申請、保険の申請、免許証の更新などなど、たくさんの手続きがあります。
めんどくさいようですが、手続きをきちんとすることで、安全かつ楽しく運転をすることができるのです。
自動車は定期的に車検をしなければ乗ることが出来なくなります。車検は一般的には、自動車を販売しているリーダーや、自動車工場、ガソリンスタンドなどですることができますが、自分で車検場に持っていく方法もある事はあまり知られていません。
車検場に自分で持っていき、自賠責や重量税などを自分で手続きし、車検工場にも自分で運転して入って、車の点検を受けるのです。
走行スピードを合わせたり、自動車のライトを点灯させたり、いろいろな工程を経て、車検の終了となります。
これはただ単に車検を終わらすだけの作業になり、部品などの交換は全くありませんので、新車でそんなに乗っていなかったとか、問題のない車であればこの方法は有益かと思います。
しかし、ブレーキオイルなど、交換しておいた方がいいオイルもありますので、普段よく乗る車であれば、車検を頼んで、きちんと部品の交換をしてもらった方がいいですね。
もし、車検などの時に、保険証券を見て、疑問があれば、保険会社に連絡してみてください。
運転する人の年齢が30歳以上なのに、その限定をしていなければ、保険金額は高くなっているはずです。
保険を見直してみようと思われたなら、まず、保険証券をよく見てみる事が大切です。
保険証券には、たくさんの情報が詰まっています。



JUGEMテーマ:車/バイク



1